職人
大橋弌峰では全部で四千にものぼる工程があります。衣裳製作過程において、裁断はもちろん、細かい衣装を幾重にも重ねての縫製など仕立て上がりまでにはたいへんな力が要ります。大半は男性の熟練職人の手によって装束に仕立てられ、腕折(かいなおり)を経て精緻な人形に仕上っていきます。工程ひとつひとつに伝統工芸技術と愛情を注ぎ京雛の継承に従事しています。
大橋義之
経済産業大臣指定 伝統的工芸品伝統工芸士
猪飼正廣
経済産業大臣指定 伝統的工芸品伝統工芸士
谷口幸信
節句人形工芸士
小西一輝
経済産業大臣指定 伝統的工芸品伝統工芸士


沿革
1940年     京都に生まれる
1956年     初代大橋弌峰に師事
1984年     第12回京都府伝統産技術コンクール 入賞
1986年     第13回京都府伝統産業技術コンクール 入賞
1987年     第14回京都府伝統産業技術コンクール 入賞
1989年     通商産業大臣伝統士認定
1990年     社会法人節句人形工芸士認定
1991年     第18回京都府伝統産業技術コンクール 入賞
1992年     第18回京都府伝統産業技術コンクール 入賞   第19回京都府伝統産業技術コンクール 奨励賞
1995年     第19回京都府伝統産業技術コンクール 奨励賞
2000年     愛染倉にて個展を開催
2001年     社団法人節句人形工芸士展 最優秀   京都府伝統産業振興発展と文化に三世代表彰
2004年     近畿経済産業局長 表彰
2004年     近畿経済産業局長 表彰
2005年     京都府伝統産業優秀奇術者(京の名工)表彰  京都府伝統産業優秀奇術者(京の名工)表彰
2008年     社団法人節句人形工芸士展 銅賞
2009年     「ひな人形と武者人形」飾る知識と楽しみ方 出版
2010年     瑞宝単光章 拝受
お問合せ FAQ 店舗案内 english
このWEBサイトに掲載されている文書・画像・写真等の著作権は㈱大橋弌峰に帰属し許諾なく 複製・頒布を行うことはお断り致します
Copyright (C)(株)大橋弌峰
大橋弌峰 おおはしいっぽう
京都生まれ、京都在住。 古典京雛の名匠、初代大橋弌峰を父にもつ二代目。京都鱗形屋九代目中村太兵衛氏に師事した初代大橋弌峰は、六十余年にわたって京人形、雛人形にこだわり続け磨き抜かれた技を二代目大橋弌峰へと伝授。父子相伝の技は京雛の伝統をみごとに継承、繊細かつ大胆な表現、そして気品の中から醸し出される華やかさは、見つめるほどに心を曳きつける深い魅力があります。また、古典雛人形の復元のみならず、有職故実に基づいた巧みな技を新しい分野に生かした積極的な作品にも意欲的。正直な物しか作らないし、正直に売る。明けても暮れても毎日人形の事ばかり考えるという職人魂の京人形界の代表的職人。


 
大橋弌峰のこと

有職御雛人形司 大橋弌峰(おおはしいっぽう)

〒602-8165
京都市上京区千本通出水上る尼ヶ崎町362

TEL 075-432-0115
FAX 075-431-5888

ホーム < 大橋弌峰のこと